ストーリー

第三話:蒼海の覇者

暖かい光が差す穏やかな海面に一隻の船が静かに漂っています。
甲板の船員たちは一面の海を眺め、顔に当たる風を楽しんでいました。
波が船体に当たる音と海鳥の鳴き声、それはまるで演奏のようです。

穏やかに過ぎる海に船員たちはいつしか警戒心を忘れ、
前方に現れた巨大な岩と地獄へと吸い込まれてしまいそうな大きな渦に気が付きませんでした。

一瞬、船内から空を裂くような悲鳴が上がったかと思うと、船は岩にぶつかってばらばらになり
船員と共に深海へと吸い込まれていきました。

この事件の後、世界各地の海で怪事件が相次いで発生し始めました。

このことを聞いた海神―ポセイドンは顔を赤らめ、事件の原因を解き明かそうと急いで海に出ました。
ポセイドンは片手で槍を振りかざし、片手に手綱を握り、馬車で海の上を駆けて行きます。
ポセイドンの怒りの一喝でガイア大陸が大きく揺れ、海から上がった巨大な津波が雨や雨雲となり、
世界の海が一瞬にして荒れ始めました。

「この地で乱を起こすな」

ゼウスが空から雷を落とし、ポセインドンの一喝に答えます。
ゼウスは神々を率いて乱の源を探り始めました。
この時、ポセイドンはこう言いました。

「愛する人を恐怖から守りたいなら武器を持って立ち上がれ。これはお前を英雄へと導く試練だ」